刀剣 刀装具

 居合や抜刀など、武道で実際に使う刀を主に扱わせて頂いております。二尺三寸五分から二尺四寸にかけての、ご利用の多い寸法の刀は常時在庫がございます。用途によって種類もさまざまな刀剣は、斬る刀、振る刀、重い軽いなど、詳しくご要望を承ってお探しすることも多いですので、どうぞお気軽にご相談ください。

 ご不要の御刀の買い取りや下取りもさせて頂きます。また、鑑賞用の美術刀剣も随時入荷しておりますので、こちらもお探しのものがございましたらお問い合わせください。

 武術や流派によって異なる刀装小道具・金具類につきましても、ご希望がございましたら詳しくお伺いいたしました上、目的に応じてお探しいたします。武骨で実用的なものもあれば洗練された絵画的な作品もある鐔、柄や鞘の太さにも影響する縁頭、ワンポイントの美を表現する目貫など、刀装具に関してご遠慮なくご相談ください。

〈刀装小道具一例〉 掲載作品中、売り切れとなっている場合はご容赦ください。

67.6mm x 61.1mm 101g

69.0mm x 66.1mm 65g

70.6mm x 65.4mm 88g

70.7mm x 70.5mm 93g

73.5mm x 72.4mm 66g

73.8mm x 73.7mm 63g

74.0mm x 73.9mm 88g

74.1mm x 73.3mm 83g

79.7mm x 79.7mm 69g

77.5mm x 77.9mm 79g











柄巻用豚革(表・裏)

外装用小道具類各種

手入道具・備品類各種

刀剣諸工作

〈研 ぎ〉

 刀は包丁を研ぐような訳にはいかず、一般の感覚からすると高いものに感じますが、職人の伝統技術により美しく復元できます。一寸(約3cm)がいくら、という計算で例えば一尺三寸の脇差を寸1万円の研ぎにかけると13万円、寸2万円なら26万円、というような計算になります。

〈白 鞘〉

 刀を保管するための白木の鞘です。刀を研いでも、元の古い鞘に入れておくとまた錆びがうつります。そこで新しい保管のための鞘を作ります。

〈外 装〉

 いたんだ柄の糸を巻き直したり、鞘を塗りなおしたり、拵えを新たに製作するなど、さまざまなことができます。

〈その他〉

 ハバキ製作、切羽製作、樋彫り、継木製作など


刀剣工作価格表(新)

刀剣あれこれ
#
刀剣あれこれ
刀剣について
刀剣の手入れ
#
刀剣の手入れ
刀剣の手入れ
銘の真偽鑑別のために
#
銘の真偽鑑別のために
刀剣の真偽の見分け方
歴史と共に変化する体佩
#
歴史と共に変化する体佩
日本の歴史と日本刀の変遷
A

著名な刀工の手による、鑑賞にも耐えるような美術刀剣は高価です。また総じて、現存の刀工が製作した刀も高くなります(材料費などの点からみても、やむを得ないところです)。逆に無銘の刀、錆がきた刀などは比較的安くで入ります。当店では主に、新しくは昭和初期、古くは安土桃山時代にいたるまでの実際に武道で使えそうな刀を扱っています。大まかですが30万~100万円程度の価格帯です。

A

錆びもひどくなく、外装もいたんでいなければすぐに使えます。しかし、柄の糸を巻き直したり鞘を塗り直したりと手を加えないといけないものが多く、刀は安価で手に入ってもその後の修理に費用がかかるケースが多いですね。

A

お願いする研師さんによって異なるのですが、弊店では一寸(約3㎝)あたり7,000円(税別)~20,000円(税別)程度で承っております。価格の違いは、作業工程をどの段階まで行うかとか、砥石などの道具を何種類使用するかなどによっても変わってきます。ご予算に合わせたり、使用目的(鑑賞か武道か)に合わせたりもできます。